ひな祭りのケーキを手作りするときのポイントは?

この記事は2分で読めます

ひな祭りといえば、3月3日に行われる女の子のお祭りです。

女の子のいる家庭では、お雛様を飾って3月3日はお祝いをします。

ひな祭りといえば、定番はちらし寿司に桜餅という和食が基本ですが、
最近では、ひな祭りにケーキを用意する家が増えてきました。

最近流行りのひな祭りケーキについてお話します。

Sponsored Link

どうしてひな祭りにケーキを用意するようになったの?

hinamatsuricake01

家族みんなでホールケーキを食べるとき、といえば、
お誕生日やクリスマスが頭に浮かびますよね。

そこにもうひとつ、ケーキを食べる行事として加わったのが
ひな祭りです。

ひな祭りにケーキを食べるようになったのは、
何かいわれがあるわけではありません。

もともと、ひな祭りに食べるものといえば、
ちらし寿司にお吸い物、桜餅と和風のものばかり。

しかし、ひなまつりは女の子のためのお祭りです。

特に小さな子供にとってみれば、
和風のものはあまりうれしいものではありません。

そこに登場したのがひな祭りケーキです。

スイーツ大好きな女の子たちは、ケーキがあれば大喜びです。

子供が喜んでくれれば親にとっても幸せですし、
お母さんもケーキが好きな人は多いです。

そんなわけで、いつの間にかケーキは定番になったようですよ。

ひな祭りのケーキを手作りするときのポイントは?

hinamatsuricake02

ケーキといっても、ホールケーキやロールケーキ、
カップケーキなどケーキにはいろいろ種類があります。

どの種類のケーキを作ってもいいのですが、
イチゴをトッピングするのを忘れずにしてください。

春のフルーツであるイチゴは見た目もかわいいですし、
好きな女の子が多いです。

どのケーキもイチゴをトッピングするだけで
見た目が豪華になりますよ。

ひな祭りらしくするならば、ホールケーキは丸ではなくて
菱餅のように菱型に切りましょう。

また、小さなケーキならば一つ一つをお雛様に見立てて
顔をつけるなどして飾ってもかわいいですよ。

手作りする時間がない、という方も、トッピングなどをちょっと
入れるだけで市販のケーキが手作りのケーキに早変わりします。

かわいいケーキを作って出すと、子どもたちは大喜びしますから
頑張ってください。

hinamatsuri03

ひな祭りには家族みんなでご飯を食べたあと、
最後はケーキで締めくくりましょう。

お祝いの席にはケーキが似合います。

ごちそうを食べた後ケーキを食べて
最高のひな祭りのパーティーにしてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索