カーポートの補強の方法は?雪下ろしの方法は?

この記事は2分で読めます

もともと雪が多い地域では、大雪が降っても慣れているので、
大した問題にはなりません。

しかし、普段は雪がそれほどふらない地域で大雪が降った時
大変です。

carport03

思いもかけない大雪が降った昨年、
多くの家庭で被害が起きたのはカーポートです。

カーポートが潰れてしまって車もだめにしてしまった、
という被害が相次ぎました。

カーポートは強度の異なるものが売られています。

豪雪地帯では、カーポートも雪に耐えられるように
強度の高いものを使っているのです。

これから買い換えるのであればカーポートを
豪雪地帯で使っているものに変えればいいのですが、
現在使っているカーポートが問題なく使えているなら、
新しく変えるのも考えますよね。

カーポートの大雪対策についてお話します。

Sponsored Link

カーポートの補強の方法は?

carport01

カーポートは柱が片側だけにあることが多いです。

普段ならば問題はありませんが、強風や大雪の場合は、
片側の柱だけでは支えきれません。

補強として、カーポートの両側の辺に柱を立てて、
地面に固定させるようにしましょう。

両側に柱を付けるだけで、カーポートは安定しますから
ある程度の雪の重みに耐えられます。

壊れてから補強するのではなく、雪がいつ来ても大丈夫なように
早いうちに補強しておくことをおすすめします。

カーポートの雪下ろしの方法は?

carport05b

カーポートの屋根が雪の重みに耐えられなくなって崩れれば、
下の車も無事ではいられません。

カーポートを補強しておくことはもちろんですが、
雪が降り積もったままにしておくのはやめて
雪下ろしをしてカーポートを守りましょう。

雪下ろしにおすすめのグッズは雪下ろし棒です。

雪下ろし棒を使えば下からでもカーポートの奥まで手が届きますから
雪下しすることが可能です。

雪下ろし棒は重宝しますから、前もって1本購入しておくといいですよ。

雪下ろしがしにくいからといってカーポートの上に登れば、
雪と人の重みでが重なってカーポートが倒壊し、
けがをする危険があります。

雪下ろしをする時は絶対にカーポートの上に乗らないでください。

雪が降ってから慌てないように普段カーポートはお手入れ
しておきましょう。

破損しているかどうかを常にチェックし、
溶けた雪がスムーズに流れるように雨どいのお掃除も忘れずに。

カーポートが駄目になるだけでなく、
大事な車まで壊れてしまったら悔やむだけでは済みません。

カーポートを補強して雪下ろし棒を装備し、
大雪がいつ来ても良いように備えましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索