肌の保湿対策!3つの対策!冬は特にケアが必要!

この記事は2分で読めます

冬の季節は乾燥しがちです。

きちんとお化粧をしていても、乾燥して肌がパリパリしてしまう方も
多いのではないでしょうか?

美肌を守るためには一年中保湿に注意が必要ですが、
乾燥する冬は特に気をつけなくてはいけません。

乾燥肌にならないよう、保湿するためにはどういうことを
気をつけたら良いのでしょうか?

冬は特にケアが必要な顔の保湿対策について考えました。

Sponsored Link

保湿対策1 洗顔

hoshitsu02

化粧や汚れ、皮脂を落とそうと、顔をゴシゴシ洗顔してはいませんか?

洗顔のやり過ぎは、大事な水分さえも奪ってしまいますから要注意です。

洗顔をする時は、しっかり泡立てて泡の力でふんわり洗い上げるように
してください。

決して力を強くかけてはいけません。

冬の乾燥しがちな肌は通常よりも弱い状態にあります。

美肌を守るためには、洗顔料の成分にも注意しましょう。

購入する前に成分を調べ、肌に良くないと言われている界面活性剤
入っていないものを選んでください。

保湿対策2 お風呂あがりのケア

hoshitsu03

普段は肌が突っ張るようなことがなくても、
お風呂あがりは突っ張るという方も多いです。

お風呂にはいることで水分がたっぷり吸収できるイメージがありますが、
お風呂あがりは肌を保湿する成分も流れてしまっているので、
補充する必要があります。

お風呂あがりは肌が乾燥して刺激に弱い状態にあります。

そのままでしばらくいれば乾燥だけでなく肌トラブルの原因にもなりますから、
お風呂からあがったらすぐに保湿ケアして肌に潤いを与えてください。

入浴してから10分以内にケアすることをおすすめします。

保湿対策3 加湿器

hoshitsu01

冬の季節、部屋の中はかなり乾燥しています。

部屋の中の湿度が40%を切ってしまうと要注意です。

加湿のしすぎは、部屋にカビが生える原因となりますからよくないのですが、
だいたい部屋の湿度を50%から60%程度に保つようにしましょう。

就寝中も部屋の中が乾燥していると、顔が乾燥してシワの原因となります。

湿気で布団が湿るのはよくありませんが、
乾燥しないように適度に加湿してください。

肌が乾燥すればお化粧のりもよくありません。

化粧がうまくできなければ一日を頑張る気力もなくなって
しまいますよね。

冬の間は特に頑張って保湿対策をしましょう。

ちゃんと保湿対策をしていれば、
肌は潤いお化粧のりも良くなります。

ツヤツヤでハリのある肌は女性みんなのあこがれです。

保湿対策は万全にして美肌を守りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索