日本製マスクが優れている!インフルエンザやエボラの予防にも?

この記事は2分で読めます

風邪の予防、またはインフルエンザの予防のために
マスクをして外出する人は増えています。

マスクもいろいろな種類がありますが、
いま注目を受けているのが日本製のマスクです。

性能の良い日本製マスクは、現在世界中で問題になっている
エボラ出血熱の予防にも効果があるとか。

日本製マスクのどこが優れているのでしょうか?

日本製マスクの秘密とマスクの選び方についてお話します。

Sponsored Link

日本製マスクのどこが優れている?

mask01

わたしたち日本人は日本製と聞くだけで、なんだか安心しますよね。

日本では、安全性を考えて製造もしっかりしていますから、
心配なく使えます。

日本製マスクの良さの一つは素材の良さです。

鼻や口を直接覆うマスクは、肌に触れるものですから
刺激があれば肌トラブルを起こします。

しかし、日本製のマスクは品質を考えて作られており、
素材も柔らかくトラブルを起こす心配はありません。

もう一つ、日本製マスクの一番おすすめの点は機能性の高さです。

pm2.5を防ぐマスクなど、空気中の非常に小さなものも
通すことがありませんから、日本製のマスクをしていれば、
身体は守られます。

風邪やインフルエンザウイルスだけでなく、
あらゆるものから体を守ってくれるのです。

マスクを上手な選び方は?

mask02

日本製マスクが良いことは分かりましたが、
マスクはどこを見て買う必要があるのでしょうか。

マスクの機能性を見ることはもちろんなのですが、
まず気をつけなければいけないのはサイズです。

サイズの調べ方は簡単です。

手をグーにして親指と人差指をたて、
親指を耳のてっぺんに人差し指を鼻の付け根に合わせて
長さを計ります。

9cmから12.5cmぐらいまでならば子供サイズ
12.5cmから15.5cmぐらいまでならば小さめのサイズ
14.5cmから17.5cmぐらいまでならば普通のサイズ

一人ひとりが顔にピッタリあったサイズのマスクでなければ
いくら日本製の性能の良いマスクでも効果を発揮することが
できません。

マスクを買いに行く前に、まずはサイズを測ってみて下さい。

mask03

マスクはたくさんセットで購入して、
家族みんなで使っているという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ひとりひとり顔の大きさは異なりますから、
全員に同じマスクが合うとは限りません。

特に子供には小さなマスクでなければ、
せっかくの効果がありませんよ。

日本製マスクはエボラ出血熱の予防にも効果があることが
発表されてから世界中で注目されています。

安全な日本製マスクをつけて、病気の予防に努めましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索