バレンタインデーのメッセージを職場で上司や同僚に送る場合の文例!

この記事は2分で読めます

バレンタインデーには普段会社でお世話になっている上司や社長、
または同僚や後輩の男性社員にチョコレートを贈ることがあります。

ここで悩む人が多いのがメッセージをどうしようか、ということです。

日頃、お世話になっている方に、または職場の仲間の男性に贈る
メッセージですが、書き方によっては勘違いされてしまう可能性も
ありますので注意が必要ですから余計悩みますよね。。

バレンタインデーのメッセージを会社の人にどんな感じで書けばよいのか、
メッセージの文例をご紹介します。

Sponsored Link

会社の同僚や後輩の男性社員に贈る場合

valentine07

会社の同僚や後輩にはさりげなく感謝の気持を伝えます。

特別な感じの文章にすると、
勘違いされてしまいますので気をつけましょう。

<文例1>

お疲れさまです。
日頃の感謝の気持ちです。
これからもよろしくお願いします。

<文例2>

いつもお仕事を頑張っている○○さま。
このチョコを食べてたまには息抜きしてください。
これからもよろしくおねがいします。

会社の上司や社長に贈る場合

valentine05

上司や社長に贈る場合は、必ず敬語を使うようにしてください。

いつもお世話になっている相手ですから、
敬意を払わなければいけません。

社会人として、敬語の使い方には注意してください。

もう一つ、上司や社長も男性ですからメッセージによっては
勘違いすることもあります。

チョコレートのことでトラブルに巻き込まれてはいけませんから、
誤解されないような文章に心がけてください。

<文例1>

いつもお世話になっています。
ささやかですが感謝の気持ちとしてチョコレートを送ります。
これからも宜しくお願いします。

<文例2>

○○課長へ。
いつもご指導いただき有り難うございます。
ささやかですが女子社員一同からの感謝の気持ちです。
これからも宜しくお願いします。

メッセージカードの選び方も大切!

valentine06

いくら義理チョコだからといって、
メッセージがないとなんとなく味気ないです。

面と向かって感謝の気持を口にすることは難しいですが、
バレンタインデーは良い機会ですから、
メッセージカードで伝えましょう。

メッセージカードの文の内容だけでなく、
勘違いされないためにはカードの選び方も大切です。

かわいいカードだからといってピンクのハートが入ったカードなどを選べば、
相手が勘違いするばかりか、上司が家に持って帰った後、
奥様にいやな顔をされるかもしれません。

valentine08

トラブルを起こさないためにも、会社の人に贈るカードは
シンプルなものを選ぶようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索