クリスマスリースを手作りで?飾り方は?

この記事は2分で読めます

クリスマスが近付くと、いろんなお店のドアや、
いろんなお宅の玄関に
クリスマスリースが飾られますよね。

く5

緑色の丸い土台に赤いリボン等の装飾のイメージがありますが、
色んな素材・色があるんですよね。

今年は、“手作り”でリースが作れないものかと思い、
調べてみることにしました。

Sponsored Link

クリスマスリース土台はどんなものがあるの?

く4

肝心なクリスマスリースの土台ですが、
色んな色・素材で100円~1500円程度で手芸屋さんや
ネットでも購入できます。

大きさも色々あるので、作りたい自分のイメージを固めてから
選んだ方が良いかもしれないですね。

中にはハート星の形をしたちょっと変わったものまであります。

また、針金ハンガーで土台を作ったり、
刺繍用のわっかも土台になります。

クリスマスリースの土台にまず何から飾る?

く1

土台の周りに最初に飾っていくものと言えば、
緑のスギの葉、モミの葉、ヒイラギ
マツの葉のようなイメージですね。

ぐるぐると土台にまきつけられるような形状でも
たくさん売られています。

またこういう葉類でも、白、シルバー、ゴールド等に
塗られているものもあり、メインの色一つで
その後の飾りつけの印象がだいぶ変わります。

土台をで作っても良いですね。

クリスマスリースの飾りつけは何する?

く2

代表的なのは、まつぼっくり、ヒイラギ(葉・実)、
ひめりんご、ドライフラワー、リボンです。

その他、ベルラインストーンを飾ると華やかになります。

中には、キレイなボタンを飾ったり、モールフェルト
デコレーションされているのも可愛いです。

クリスマスリースの素材以外に必要な道具は?

く3

装飾を飾りつけていく際に、グルーガンが必要です。

グルーガンは500円~1000円程度で、ホームセンターでも、
ネットでも購入できます。

後は、自分の中の具体的な“イメージ”です。

道具と材料を揃えて、
ただ貼っていってリースの完成ではありません。

リースは厚みがあり、ドアや壁に飾られるものです。

正面からだけでなく、横からも見て、立体感色や飾り
重さのバランスに注意しながらオリジナルのリースを作ったら、
いつも以上にクリスマスが待ち遠しくなりそうです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索