インフルエンザを予防するためにできることは?予防接種は?

この記事は2分で読めます

インフルエンザは冬の間猛威をふるいます。

かかってしまったら必要な薬を飲んで
しっかり休養していれば治る病気ですが、
受験生は休んでいる暇がありませんよね。

社会人にとっても、年末や年始の忙しい時期
休むわけにはいきません。

インフルエンザにならないようにするために
予防することは大切です。

インフルエンザの予防方法について考えました。

Sponsored Link

インフルエンザを予防するために家庭の中でできることは?

infulenza06

風邪の予防と同じなのですが、外出から帰ったら
手洗いうがいは忘れずにしましょう。

マスクをしていてもウイルスは中に入り込んでしまいますが、
ある程度は効果がありますから出かけるときには
マスクを付けましょう。

家庭の中では、インフルエンザのウイルスに
負けない体作りが大切です。

寝不足が続くと体の抵抗力がなくなり、
ウイルスが入りやすくなります。

忙しくても、睡眠はしっかり確保するようにしてください。

また、不規則でバランスの悪い食事ばかりをとっていると、
体は元気を失ってインフルエンザウイルスに負けてしまいます。

外食が続くとしても、
栄養価を見てバランスよく食べるようにしましょう。

家の中の加湿も重要です。

空気が乾燥するとウイルスが入り込みやすくなりますから、
部屋の中は50%から60%の湿度に保ち、
乾燥するようでしたら加湿器を使いましょう。

その他のインフルエンザ予防法とは?予防接種は?

infulenza07

なかなか休めない、という時に
インフルエンザになるわけにはいきませんよね。

インフルエンザは人からうつりますから、
予防するためにはなるべく外出を控えてください。

用事がない限り、人混みの中や繁華街には行きませんように。

そして何より予防につながるのが予防接種です。

予防接種を受けておけば、発症する可能性が少なくなりますし、
発症しても軽い症状で終わることが多いです。

ワクチンの効果は5ヶ月間ですから、
毎年予防接種することがおすすめです。

以上のことに気をつければインフルエンザを
予防することができます。

しかし、いくら予防しても完全とはいえません。

感染する可能性を小さくすることはできても、
うつってしまう可能性もあります。

インフルエンザになったかも、
と思ったら早いうちに医療機関を受診し、
あとはゆっくり体を休めてください。

家で安静にすごして元気になって外に出られるように
なってからも、自分の咳から他の人に感染しないように、
マスクをすることを忘れずに。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索