カシミアマフラーのお手入れの方法は?長持ちさせるためには?

この記事は2分で読めます

冷たい風が吹く季節がやってくると、
首元が特に寒さを感じます。

寒い冬に出かけるときに大活躍するのがマフラーです。

マフラーにもいろいろな種類がありますが、
人気が高いマフラーの一つにカシミアのマフラーがあります。

カシミアのマフラーはふわふわしていて肌にあたっても心地よく、
多くの方に愛されています。

上手に長く使いたいカシミアマフラーについて調べました。

Sponsored Link

カシミアマフラーのおすすめの巻き方は?

muffler03

最近は短めのマフラーよりもたっぷりした
長めのマフラーが人気です。

タップリしている分だけ、ふんわりいろいろな
アレンジが楽しめます。

一番簡単なのは、左右のどちらかを長めにして首にかけ、
長い方をぐるっと首の周りに一周させるストール巻きです。

首元はちょっと緩めにふんわりさせることがポイントですよ。

ストール巻きを前後逆にして後ろに長く垂らすのが
両想い巻きです。

後ろに長く垂らすのもかわいいですが、
寒い時は垂らした部分をぎゅっと一つ結びすると
まとまってもこもこした感じに仕上がります。

幅が広いマフラーならば広げて方に羽織るだけでも素敵です。

いろいろなアレンジを楽しんでください。

カシミアマフラーのお手入れの方法は?

muffler02

カシミアは洗濯に出してしまえば、独特の手触りの良さが
消えてしまいます。

光沢や手触りを長持ちさせるには、なるべく洗濯に
出さないことが必要です。

でも、カシミアマフラーを汚れたままでしておくわけには
いきませんよね?

カシミアマフラーの汚れは、汚れた部分だけ洗剤をつけた
タオルで拭き取りましょう。

洗剤は、きれいな水をつけたタオルで何回もふいてください。

そして干すときは、風通しの良い部屋の中に一日置きましょう。

muffler01

シーズンオフの時も、気になる部分だけを拭き洗いして、
乾いたらタンスにしまいます。

気になる汚れがなければ、ホコリ等を払った後、
カシミアブラシがあればブラシを使って
ブラッシングするだけで大丈夫です。

ブラシがなければ、乾いたタオルで撫でるように
お手入れしてください。

雪の日や雨の日は寒いですからマフラーをしたくなりますが、
カシミアマフラーにとって水は大敵です。

水がつくとその部分がしみになって残ってしまうことがあります。

なるべくであれば、雨や雪の日はカシミアマフラーを
使うことを控えてください。

もし、雨に降られたら、帰ったらすぐに水分を拭き取りましょう。

素敵なカシミアマフラーを手に入れたら、
お手入れも頑張って長持ちさせてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索