その履き心地にびっくり!ムートンブーツを買ってみた!

この記事は1分で読めます

首都圏で暮らしていた私は、
仕事の都合で日本の北に位置する地方へ引越すことに。

冬は、毎日のように氷点下になり、
雪が積もった山から冷たく寒い風が吹き下ろします。

それまで、そんな寒さを知らなかった私は、初めての経験。

寒がり&冷え性の私は足先がかじかんで、
冷たくて、大変辛い思いをしていました。

Sponsored Link

ムートンブーツを買ってみる

mouton01

ある夜、ネットサーフィンしていると、
海外ブランドのひとつである、
あるムートンブーツを紹介しているページに遭遇。

ムートンの中は厚さ何センチにも見える、もこもこした毛皮
覆われ、それは暖かそうに見えました。

口コミを見ると、評判もよく、ちょっと試してみようかな、
という冒険心がむくむくと。

値段は、決してお安くありませんでしたが(私の感覚では)、
フェイクではなく本物だし、という思いもあり、
思い切ってポチックリック。

数日後には、大きい長方形の箱に入ったムートンブーツ
我が家に届いたのでした。

その履き心地にびっくり

mouton02

今まではレザーのロングブーツしか使っていなかったので、
初めて見たときは、そのごっつさ、
とブーツの中身のたっぷりボアに、びっくり。

でも、はいた瞬間、ムートンブーツの心地よさのとりこに。

足首やふくらはぎの周りに、
柔らかい羊毛に覆われて温かいだけでなく、

足の裏までふかふかでクッションのような感覚なので、
寒さが全然伝わってこないのです。

以前だったら、足の指がかじかんでいたのに
かえって、暑いくらい。

すっかり手放せなくなりました。

mouton03

そんなわけで、いまやムートンブーツは必須アイテム。

一足あると、本当に寒い場所では重宝しますね。

ただ、お手入れはこまめに。

ムートンは生きている毛皮と言われるくらいですから。

使用した後は、固く絞った湿ったタオルで汚れを取り、
陰干しします。

そうすると、品質を保って長く使えますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索