アルパカニットは軽くて柔らかな手触り!カシミヤよりも暖かい?

この記事は1分で読めます

ニットの素材はコットン、ウール、アクリル、カシミヤなど
様々ありますよね。

今年の冬は、流行や値段、デザイン、ブランドでニットを
選ぶ代わりに、肌触りがとてもよくて、もこもこして
とてもあったかい、といわれるアルパカのニット
お手持ちのワードローブに加えてみませんか。

今回はアルパカのニットについて少し調べてみました。

Sponsored Link

アルパカ豆知識

alpacaknit02

アルパカは南アメリカに位置するペルーやボリビア、チリ
生息するラクダの一種の名前なのは知っていましたか?

体長は2メートル近くにもなります。

アンデス山脈の3千メートル以上もする標高の高い場所に
すんでいるわけですから、

とても寒いので、彼らも、もこもこっと厚い毛皮
身を守っているのです。

アルパカの毛について

alpacaknit01

毛はとても細くて柔らかく、長さは約7、8センチくらいあり、
絹のような光沢があるのが特徴です。

アルパカの毛の色は、何色あるのでしょう。

ホワイト、ブラック、ベージュ、グレー、キャラメルなど、
そのバリエーションはなんと25種類もあります。

ですから、ニットを作るとき、わざわざ着色する必要が
ないそうですよ。

ナチュラルなカラーそのままを楽しめるのですね。

アルパカ・ニットのメリット

アルパカで作られたニットは、実は耐久性抜群

しわになりにくく、毛玉が出にくいので、
長い期間安心して、使用できます。

しかも軽いので、ニットを着ても重く感じません。

また、とても柔らかな手触りなので、
ウールのように肌にチクチクしません。

それだけでなく、カシミヤよりも暖かくて保温性に
優れているそうです。

ですから、最初にアルパカのニットを購入するときに
多少お値段が張るかもしれませんが、
長年使えることを考えると、実はお得なのですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索