七草粥とは?七草の効能は?

この記事は2分で読めます

お正月を過ぎるとすぐに「七草粥(ななくさがゆ)」を食べるという風習がありますが、
そもそも「七草がゆって何?」「子供の頃、食べさせられたけど…」
と思う人は少なくはないと思います。

な3

と言うのも、特にイベント料理でもなく、他のこの日には
これを食べましょう!と言われる「土用の丑」のうなぎや、
節分の「恵方巻」「年越しそば」等に比べると、
「おかゆ」は少し、地味な感じがしてしまいますよね。

でも、七草がゆならではの意味があるのだと思い、調べてみました。

Sponsored Link

七草がゆって?

な1s

始まりに関しては諸説ありますが、「万葉集」の中に
七草の歌が残されています。

七草がゆは、1月7日の日に春の七草を入れたおかゆを食べて
その年の無病息災を願うとされています。

また、七草がゆの風習は、お正月におせち料理を食べて
過ごした胃腸にも良いです。

青菜が不足しがちだったお正月の食生活に、忘れずに七種の青菜
吸収するという習慣は良いですね。

七草の効能は?

な4

七草と言われても、ですよね。

その栄養・効能にはどんなものがあるのか気になるところです。

  • せり…カルシウム、ビタミンA・B・Cを含み、血圧を下げ、解毒作用もある。
  • なずな…別名「ぺんぺん草」
         鉄分を含み、貧血、肝臓、利尿作用、動脈硬化の予防に効果がある。
  • ごぎょう…鎮咳作用、風邪、痰・咳、気管支炎に効果がある。
  • はこべら…利尿効果、止血作用がある。
  • ほとけのざ…解熱作用、鎮咳効果、歯痛にも効く。
  • すずな…カルシウム、鉄分、ビタミンA・C・Kが豊富で、消化を助け、便秘にも効く。
  • すずしろ…大根のこと。ビタミン、ジアスターゼが豊富で、胸やけ、胃もたれに即効性が
         あり、風邪や気管支炎にも効く。

年末年始で疲れた身体、寒さで風邪気味になりやすい時に
持って来いの効果が並んでいます。

とは言え、この七草だけでおかゆを作っても薄味
中々箸が進まないという声も多いです。

な2s

そこで、顆粒のコンソメしめじを入れればリゾット風に。

顆粒の中華スープの素溶き卵を入れれば、中華風に。

顆粒のだしの素昆布や油揚げを入れて雑炊風に。

ちょっとしたアレンジ一つで、美味しくしっかり七草がゆ
栄養をしっかり摂れます。

良い七草がゆの風習、これからも受け継いでいきたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索