体にやさしい暖房のオイルヒーターだけど電気代が高い?

この記事は2分で読めます

寒くなってくると暖房機の出番となりますが、
暖房には何を使っていますか?

エアコンやファンヒーター、ストーブ、こたつなど
暖房にはいろいろな種類があります。

その中で、最近注目を受けているのがオイルヒーターです。

愛用者が増え続けているというオイルヒーター
について調べました。

Sponsored Link

オイルヒーターは部屋をどうやって暖める?

oilheater02

オイルヒーターは、その名の通り、
中に密閉されたオイルを電気で温め、
金属製のフィンで熱を放熱させます。

暖かい風を出すわけではありませんから、
部屋全体が温まります。

エアコン等を使いますと、風向きによって
暖かい場所とそうでない場所ができてしまいますが、

オイルヒーターは部屋のすべてを同じぐらい
暖めますのでムラがありません。

オイルヒーターの良い所とは?

oilheater01

オイルヒーターは体にやさしい暖房と言われています。

石油ストーブやファンヒーター一酸化炭素を出しますから、
一時間に一回程度の換気を必ずすることが必要です。

しかし、オイルヒーターは石油ストーブやファンヒーター
のように火を使うことがありませんから、
一酸化炭素中毒の心配は必要ありません。

また、小さな子供がいると、
火のそばに近づかないか気になって仕方ないですが、
オイルヒーターは火が出ませんから怪我の心配もありません。

オイルヒーターは子供のいる家庭におすすめの暖房です。

もうひとつ良い所は、温風を出さない点です。

温風が出れば空気は乾燥して肌トラブル
もとですし喉を痛めやすくなります。

しかし、オイルヒーターなら温風が出ませんから
空気の乾燥は防げますし、

温風でほこりや花粉が舞うこともありませんから、
アレルギーも起こしにくいです。

オイルヒーターは電気代が高い?

オイルヒーターは他の暖房機に比べると、
電気代が少し高めです。

電気代の節約のためには、
暖め過ぎないように適温を守りましょう。

オイルヒーターは切ってからもしばらくは暖かさが続きます。

寝る前はちょっと早めにヒーターを切っても、
寒くなることはありません。

オイルヒーターは計画的に使うようにしてください。

オイルヒーターの効果をより強く感じたいならば、
窓際に置くことをおすすめします。

窓際は熱が逃げやすく冷気が入りやすいところです。

そこにオイルヒーターを置けば、冷気が入りませんから、
部屋をより早く暖めることができます。

暖房は上手に使って、部屋の中を快適にしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索