足湯器を一度使えば疲れを癒やされ、また使いたくなる!

この記事は2分で読めます

体を温めたければ足元からといいます。

足元から温めれば、体もぽかぽかしてきますし、
気持ちよくなります。

冷え性の方だけでなく一日の疲れを癒やすために
大活躍するのが足湯器です。

これからやってくる寒い季節を乗り切るために
手に入れたい足湯器についてお話します。

Sponsored Link

足湯器の種類は?

ashiyu02

足湯は洗面器やバケツにお湯をはってすることもできますが、
どうしても温度が下がってしまいますし、
水を捨てるのも手間がかかります。

楽に足湯をするには足湯器を利用しましょう。

足湯器にはお湯を使うものと電気や遠赤外線だけで
お湯を使わないものがあります。

お湯を使わないものでしたら、
お湯を捨てる手間を省くことができますが、
体の毒素はお湯に排出されます。

足湯をして、体から要らない毒素を輩出するためには
お湯を使う足湯器の購入をおすすめします。

また、足元だけ温めるものと、
膝辺りまで温めるものがありますが、

体全体をぽかぽかさせたいならば、
膝辺りまであるものがおすすめです。

足湯器を購入するときは、
温度設定が出来るものにしてください。

使っているうちにお湯の温度が下がってしまい
足湯器ですと、お湯を常に足して使わなくては
いけませんから手間がかかります。

手間がかかれば、結局は使わなくなりますから
手間もかからない温度設定ありのものを選びましょう。

足湯器を使うときの注意点は?

ashiyu01

こたつに長く入っていたり暖房のそばに
長くいたりすると低温やけどを起こすことがあります。

ちゃんと温度設定がされている足湯器でも、
長く浸かりすぎれば同じように低温やけど
起こしてしまう危険があります。

体をぽかぽかさせるためには、
ある程度の時間足湯をする必要がありますが、
あくまでもやり過ぎにはご用心ください。

温度も温かいうちはよいのですが、
ちょっと熱いなと思ったら、
温度を下げるようにしてください。

足湯は適度な温度で適度な時間することが
効果的です。

足湯器には温度調節や足湯の時間についての
説明が出ているはずですが、
使用前にかならず説明書に目を通してください。

足をあたためることは体にとってとても
大事なことです。

冷え性の方は特に、体が冷えれば体調を崩しやすいです。

冬になっても風邪のウイルスに負けない強い体
作るためにも足湯の時間を設けてください。

足湯器を使えば足元から体が温まっきて、
全身がぽかぽか気持ちよくなります。
一日の疲れも吹き飛びますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索