意外に長引きやすい!秋風邪の症状と予防とは?

この記事は2分で読めます

暑い夏が終わって夏風邪の時期が終わったと
油断していてはいけません。

風邪は夏か冬にかかるというイメージがありますが、
秋も風に注意が必要です。

夏の暑さが終わって疲れが出てくる秋。

抵抗力が少なくなってくる今、
風邪をひく人が増えています。

長引きやすくて気をつけることが必要な
秋の風邪について調べました。

Sponsored Link

秋に引く風邪の特徴は?

akikaze01

症状としては、普通の風邪と変わるものではありません。

喉の痛みや咳、発熱、そして頭痛などの症状が
現れます。

秋風邪は症状がそれほど強くないものの、
長引くと言われています。

秋のはじめは日中は暑い日もありますが、
朝晩は冷えるために温度差が高いです。

また、夏バテが続いていて、体調が良くない上に
風邪を引けばなかなか治りません。

温度差などで喉をやられていつまでも
咳が止まらない人もいます。

秋に引く風邪の予防は?

akikaze02

空気が乾燥している秋はなどを引き起こす
原因をつくります。

秋の朝晩の冷えも風邪を引き起こしますから、
寝ている間も注意をすることが必要です。

厚い布団をかけることはかえって汗をかいてしまって
よくありませんが、大事な喉を守るために、
寝るときは首にタオルを巻くようにしましょう。

それだけで冷えを防ぎますから、
後は薄い布団をかけるだけで大丈夫です。

体が疲れていると風邪に対する抵抗力が弱まります。

体の疲れはオフロにゆっくり入ってとりましょう。

熱いお湯に長くつかっていると、
かえって疲れてしまいます。

ぬるめのお湯に使ったり半身浴をするなどして
しっかり疲れを取ってください。

食べるものや飲み物も注意が必要です。

まだ暑い日もあることから冷たいもの
冷たい飲み物ばかりほしい、という人もいるでしょう。

しかし、冷たいものばかりを食べていては、
胃腸が弱ってしまいます。

風邪を予防して元気な体を作るためには、
あたたかい食べ物や飲み物にすることがおすすめです。

冷たい水やジュースを飲むよりも、
温かいお茶を選びましょう。

akikaze03

秋は運動会や文化祭など、行事がたくさんあります。

体調をくずすわけにはいきませんよね。

なんだか体がだるくて調子が悪い、
と思ったら、秋風邪かもしれません。

ただの夏バテだからと放っておくことはしないで
しっかり休みを取りましょう。

体調が少しぐらい悪くても大丈夫、
と無理をすれば風邪を長引かせてしまいます。

ゆっくり休んで体調をなおし、
元気になるまで待ちましょう。

これからの秋の季節、元気に過ごすために
秋の風邪を長引かせませんように。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索