トリック・オア・トリートの意味を知りハロウィンをもっと楽しくしよう!

この記事は2分で読めます

10月31日はハロウィンです。

最近は、ハロウィンは大流行。

あちこちの店で9月をすぎればハロウィングッズがいっぱい販売されます。

ハロウィンで用意しなければならないものといえばお菓子や雑貨ですよね。

トリック・オア・トリートと言ってやってくる仮装した子どもたちに、
大人はお菓子や雑貨を配ります。

日本でも最近すっかり定着したハロウィン、
前もって準備が必要なお菓子などについてお話します。

Sponsored Link

トリック・オア・トリートの意味は?

halloween01

トリック・オア・トリート(trick or treat)とは、
ハロウィンの決まったセリフです。

日本語に訳すと、イタズラおもてなしか?という意味です。

子どもたちはお菓子をねだってやってきます。

お菓子をくれなければ、いたずらしちゃうぞ、というわけです。

お菓子や雑貨を準備して、子どもたち屋がやってくるのを待ちましょう。

ハロウィンで渡すお菓子や雑貨の定番は?

halloween03

お菓子を手作りするならば、かぼちゃやお化け、コウモリなど、
ハロウィンのキャラクターのクッキーが定番です。

キャラクターが入っていなくても、チョコレートやラムネなど小さなお菓子を
小分けの袋に入れて渡すのも定番です。

手作りであっても、一つ一つをラッピングしておいたほうが
もらう方も嬉しいです。

かわいくラッピングしたものを多めに用意しておきましょう。

ハロウィンのお菓子を断るとどうなる?

halloween02

ハロウィンのお菓子を断ったら、いたずらしてもいい、
という意味になります。

家の玄関に生卵をぶつけたり、ホイップクリームを投げたりなど、
子どもたちはその日だけはいたずらをすることを許されます。

子どもたちがいたずらするのを承知で、報復する家主もいます。

子どもたちが来たら、大きな音を出すおもちゃで脅かしてみたり、
家主もコスプレで登場して、子どもたちを追いかけるなど・・・
子どもたちと対決する大人たちも増えてきました。

報復するのではなく、子どもたちに来てほしくないというのであれば、
玄関の電気を消しておきましょう。

電気が消えていれば、子どもたちはその家には訪れません。

最近は秋の一大イベントとして定番となったハロウィン。

思い思いの仮装をしたかわいい子どもたちが
玄関先へとやってきます。

チョコレートやクッキー、鉛筆など、
ちょっとしたお菓子や雑貨を小分けの袋に詰めて、
子どもたちがやってくるのを待ちましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索