敬老の日それは人生の大先輩に感謝の気持を送る日です!

この記事は2分で読めます

9月の第3月曜日は敬老の日です。

敬老の日には、社会にこれまでつくしてきた老人を
敬愛し、ご長寿を願います。

以前は9月15日と決まっていましたが、
2003年より、ハッピーマンデーとして9月の第3月曜日
敬老の日と定めることになりました。

2014年は9月15日です。

人生の大先輩に感謝の気持を送る敬老の日について
考えました。

Sponsored Link

敬老の日は何歳からお祝いする?

keiro03

現在は、高齢者と言ってもみんな若いですよね。

電車で席を譲っても怒る人がいるくらいです。

敬老の日は、何歳ぐらいからお祝いするものなのでしょうか。

老人福祉法によれば、老人は65歳以上と定められています。

しかし、65歳は若い人が多いですから、
老人として祝われるのは嫌だと思うかもしれません。

敬老の日のお祝いは、孫が生まれてからする、
という人が多いです。

子どもたちも大きくなると、
おじいちゃん、おばあちゃんも会える機会が少なくなります。

老人を敬愛し、長寿を願うという本来の意味とは変わりますが、
なかなか会えない孫と一緒に過ごす、という意味で
敬老の日を考えるのはいかがでしょうか。

敬老の日に喜ばれるプレゼントは?

keiro02

敬老の日にもらって一番喜ばれるプレゼントは
美味しいものです。

普段はなかなか買わない高級なお肉や美味しいお菓子などを
プレゼントしてはいかがでしょうか?

おばあちゃんに特に喜ばれるプレゼントはお花です。

女性は花が大好きです。

おばあちゃんが好きな花を花束にしてプレゼントしては
いかがでしょうか。

小さな孫からのプレゼントで喜ばれるのは、
孫が描いた絵や工作のプレゼントです。

ボール紙で作ったペン立てや写真立て、または似顔絵を渡したら、
おじいちゃんやおばあちゃんは大喜びです。

プレゼントではありませんが、なかなか顔を見せない子供や孫に、
おじいちゃん、おばあちゃんは会いたいと思っています。

家族みんなで敬老の日に遊びに行く
または一緒に食事に行くなどの、
計画を立ててはいかがでしょうか?

顔を見せてもらっただけでも一番の喜びです。

keiro01

高齢者に敬愛と感謝の気持を伝えるという意味と
敬老の日の現在のかたちは少し違っているかもしれません。

けれど、普段は口にすることが難しくても、
これまで頑張って育ててくれた親に
感謝の気持を伝えるいい機会です。

成人して家庭を持つと、
なかなか実家に帰ることもなくなります。

敬老の日は、子供を連れて実家に帰り、
久しぶりに親孝行をしてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索