不正アクセスとは?対策方法は?

この記事は1分で読めます

インターネットへの接続環境が普及されることに伴って、ネットを利用した
犯罪も次から次へと後を絶たないのが現状ですよね。

ふ3s

2000年に施工された「不正アクセス禁止法」という法律があります。
この「不正アクセス」について調べてみることにしました。

Sponsored Link

不正アクセスとは?

ふ1s

コンピューターやコンピューターを利用する権利を持たない人が、
不正に利用、もしくは利用しようと試みることです。

具体的には、

・ユーザー名やパスワードを盗み出す。
・なりすましログイン。
・個人情報を盗み出す。
・データを盗み出し、または改ざん。
・迷惑メールの送信・中継に使われる。

等があります。

一般家庭でのパソコンでもインターネットへの接続で常時接続
多くなっている最近では、一般家庭も被害を受けやすくなっています。

不正アクセスによる被害

ふ2s

無料SNS等でも不正アクセスによる被害が出ています。

不正アクセスにより、個人で登録してあるいわゆる「個人情報」
名前・メールアドレス・生年月日・性別・ID・パスワード等が
盗みだされています。

またネットショッピングでは、買い物時に付与されるポイントが
他の人のポイントになってしまったり、買い物時に利用する
クレジットカードの情報が盗まれるという被害が出ています。

こうした個人情報を狙ったものから、企業のデータまで入れれば、
この不正アクセスによる被害が出ない月はないほど、
被害が後を絶たないのが現状です。

不正アクセス対策方法は?

ふ4s

ここまで見てきて、自分のネットワーク環境大丈夫か?と心配になってしまい、
自分でできる対策についてまとめました。

・パスワードの定期的な変更
・ファイアーウォールの活用
・IDS(侵入探知)を使う
・ソフトウェアの更新
・データのバックアップ

便利な情報社会の中で生きていくには、自分の身は自分で守っていかなければ
いけないのですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索