雲海テラスは?北海道星野リゾートトマム?行き方は?時期は?見られる確率は?

この記事は2分で読めます

山などの高いところから見下ろすと、眼下に雲が広がって
雲間から山が浮いているのが島のように見えるのが雲海です。

その雲海が美しく見える絶景の場所が北海道のトマムにある
雲海テラスです。

絵のように美しい光景が広がる雲海テラスをご紹介します。

Sponsored Link

雲海テラスまでの行き方は?

unkai01

トマムは北海道の中央に位置しており、新千歳空港、帯広空港、
そして旭川空港、どの空港からも同じぐらいの距離です。

新千歳からならば、車で90分帯広からは80分
旭川からは少し時間はかかりますが3時間です。

電車をご利用の方は、特急スーパーとかち、特急スーパーおおぞら
ご利用ください。

2つの列車を合わせて、毎日11往復しています。

雲海テラスは星野リゾートトマムのリゾートセンターにありますが、
宿泊客でなくても、雲海テラスを利用することは可能です。

リゾートセンター前には無料駐車場が用意されています。

ホテルからはリゾートセンター行きのバスも出ます。

雲海テラスで雲海の見える最適な時期は?

unkai03

雲海が綺麗に見える時期は6月から10月の上旬です。

そして、時間は早朝です。

ちょうど夏休みの旅行先として北海道を考えている方、
雲海を見るのによい時期ですから、
旅行先の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

雲海テラスで雲海を見られる確率は?

unkai02

雲海は自然のものですから、
行けば必ず見えるものではありません。

6月から9月は30%から40%見られると言われています。

一番見える時間帯は早朝です。

同じ早朝でも日によって、見える時間帯は異なります。

朝は約30分ぐらいで消えることもありますし
3時間以上見えることもあります。

翌日の雲海の発生予報ダイヤルが用意されていますので、
あらかじめ確認してから行くことをおすすめします。

電話は 0167-58-1205 です。

情報が更新されるのは、前日の15時です。

夏におすすめの雲海テラスですが、
標高の高い地域ですから寒い日もあります。

よく見える時間が早朝ということもありますし、
行かれる際は、何か羽織るものを持って行ってください。

9月になると早朝の気温は息が白くなるくらい、
10月は氷点下になることもあります。

素晴らしい雲海を見ることができたとしても、
風邪をひいてはいけません。

寒さ対策は万全にしていきましょう。

見えるか見えないかは運次第。

自分の強運を願って、雲海を見にでかけてください。

美しい光景が見られると良いですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索