胃腸炎の原因は?食事は?下痢や嘔吐を止める薬は飲んではいけない?

この記事は2分で読めます

突然お腹が痛くなったり、
嘔吐や下痢などを伴う病気が胃腸炎です。

胃腸炎にはウイルスが原因である感染性の胃腸炎と、
細菌が原因となる細菌性の胃腸炎が主な二つです。

胃腸炎を早く治すためには
どうしたらよいかについてもお話しします。

Sponsored Link

胃腸炎の主な原因は?

ichoen03

夏や冬に多い感染性の胃腸炎の原因はウイルスです。

ロタウイルスノロウイルス、アデノウイルスなどがありますが、
小さい子供の胃腸炎はロタウイルスの可能性が高いです。

大人の胃腸炎はノロウイルスが多く、レストランや病院などで、
集団感染することも多いです。

細菌性の胃腸炎食中毒とも呼ばれています。

豚肉や鶏肉に含まれるカンビロバクター
卵や鶏肉に含まれるサルモネラ菌
牛肉に含まれる大腸菌などが原因です。

食べ物が十分に調理されていなかったり、
手洗いをきちんとしないままに調理すれば、
細菌に感染して胃腸炎を引き起こします。

胃腸炎のときの食事は?

ichoen01

胃腸炎になってしまったら、食事をどうしたらよいか悩みます。

食事は弱っている胃腸に負担を掛けますから、
症状があるうちは控えたほうが回復までが早いです。

症状が治まったら、消化の良いものから
徐々に食べるようにしてください。

食事も一度にたくさん食べるのでなく、
少量を何回にも分けることが必要です。

胃腸炎が治ってもしばらくは辛い物や炭酸、
冷たいものは控えてください。

胃腸炎の症状、下痢や嘔吐を止める薬は飲んではいけない?

ichoen04

食事は症状が治まるまで控えたほうが良いのですが、
胃腸炎は下痢などを伴いますから、
水分が必要以上に体から失われます。

失われた水分を補うためにも、
水分はしっかり取ってください。

水分はジュースなどは避け、
水や体に吸収しやすいスポーツドリンクにしましょう。

ichoen02

下痢や嘔吐はつらいですから、を飲みたくなります。

しかし、下痢や嘔吐は、体が自ら有害なもの
外に出そうと頑張っているのです。

薬で下痢などを止めてしまうと、
有害なものが体から出るのが遅くなり、
症状を長引かせる結果にもなりかねません。

下痢止めや吐き気止めは飲まないようにしましょう。

どうしてもつらければ、病院で指示を仰いでください。

胃腸炎は腹痛、下痢、嘔吐とつらい症状が続きます。

症状を抑えようと勝手に薬を飲もうとせず、
まず病院で診断してもらって医師の指示に従ってください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索