水筒とは?歴史は?健康面、環境面で水筒が復権?直飲みボトル?

この記事は1分で読めます

水筒は飲料用容器です。

水などの飲料を携帯するためのものです。

Sponsored Link

水筒とは?歴史は?

suito01

なぜ水筒ができたのでしょうか。

昔は、商店や自動販売機が現代ほどありませんでした。

水道も配備がまだまだだったようです。

どのような時に利用されていてのでしょうか。

通勤や通学、旅行に農作業など日常的に
用いられていましいた。

どのようなものを水筒というのでしょうか。

水筒は個人用というイメージです。

数十リットルの飲料が入るものも水筒と呼びます。

以下のようなものは水筒とは呼びません。

・保存のために作られた容器
・酒瓶類
・ふたのできない容器

水筒の歴史は長いようです。

・ひょうたんや竹の筒をそのまま容器にしたもの。

・動物の胃袋や膀胱を利用した革袋。

・木や紙の器にした漆器類。

・小樽のような木製品。

・粘土などで作った陶磁器。

古来は上記のようなものが水筒として使われていました。

入手可能ないろいろなものがあったようです。

現代は水筒を使うことは少なくなりました。

ペットボトル入りの飲料がどこでも入手可能だからです。

健康面、環境面で水筒が復権?直飲みボトル?

suito02

水筒もそれにともない進化してきました。

外観をペットボトルに似せて作られた
「直飲みボトル」です。

カップなどに注がずにそのまま飲めます。

水筒の進化と健康面での観点から水筒が
復権してきています。

スポーツドリンク添加物の入ったもの
避けるひとが増えました。

その結果、自分の水筒に飲料を入れて
持ち歩く人が増えてきたようです。

環境面からも水筒派が増えました。

飲み物を買うと缶やペットボトルなどが
資源が消費されます。

水筒を持つことの意義が再認識されてきています。

便利なペットボトルと水筒を上手に使いたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索