海での日焼け対策は?日焼け防止グッズにストール?日焼け予防の食べ物は?

この記事は2分で読めます

夏になって日差しが強くなってくる時になるのが日焼けです。

なるべく日差しの下に出ないようにする、
帽子をかぶったり日傘を使う、
または紫外線をカットする化粧品を使う・・・

日焼け対策は人によって様々です。

大切な肌を守るために、
日焼け対策は万全にする必要があります。

夏の時期は特に気をつけたい日焼け対策について考えました。

Sponsored Link

海での日焼け対策は?

hiyake04

海に行くならば、必ず必要なのがラッシュガードです。

肌を露出していると、その部分が日焼けしますから、
紫外線の通りにくい黒など濃い色のラッシュガードを着てください。

日焼けしたくない方は、普段から日焼け止めをお使いでしょうが、
海に出た時は日焼け止めは欠かせません。

ウォータープルーフの日焼け止めならば、
海にはいっても落ちにくいですから、
必ず、ウォータープルーフのものを選んでください。

それでも、日焼け止めは1時間か2時間に1回塗ることを忘れずに。

日焼け防止グッズにストール?

hiyake03

夏は暑くて髪を上げていることも多いですし
首元は日焼けしやすい場所です。

けれど、顔の日焼けばかりが気になってしまって、
首元が真っ黒になってしまった人も多いのではないでしょうか。

日焼け防止グッズとしてストールがお勧めです。

UVカットのストールを首に巻けば、
だいぶ日焼けから守ることができます。

ストールは冷房の下に入ったときの冷え対策にも
なりますから重宝します。

日焼け予防の食べ物とは?

hiyake01

食べ物でも日焼けから肌を守ることができます。

おすすめなのはトマトです。

トマトに入っているリコピンは、
紫外線から肌を守る効果があります。

実際に、トマトを食べた人は食べない人よりも
3割日焼けが少ないそうです。

サラダなどで直にトマトを食べても良いですが、
吸収力が高いのはトマトを加工したトマトジュースです。

トマトジュースを飲んで、
体の内側から日焼け対策をしましょう。

日焼け止めを塗っていれば日焼け対策はばっちりとは行きません。

日焼け止めは汗で流れてしまいますから、
何度も塗り直す必要があります。

海やプールに入った時は、水で流れますからなおさらです。

日焼け止めは、こまめに塗るようにしてください。

hiyake02

そして、体の内側から日焼け対策をするには
食べ物を考えることが一番。

トマトのリコピンパワーが日焼けを内側から抑えます。

通常の食事の中に、トマトを取り入れたり、
ジュースを飲むのならば、トマトの入った野菜ジュース
積極的に選んでください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索