ポールマッカートニーも苦しんだ腸捻転の症状は?原因は?手術は?

この記事は2分で読めます

何かの原因で腸がねじれてしまった状態を腸捻転といいます。

ねじれてしまった腸は詰まって壊死してしまいます。

大腸だけでなく盲腸や小腸にも起こると言われていますが、
腸捻転が一番起きやすい場所はS字結腸です。

近頃、来日して半年ぶりに日本でツアーをするはずだった
ポールマッカートニーは、腸捻転のため、
ツアーをすることができず帰国となりました。

彼は日本で緊急手術をして帰国しています。

ポールマッカートニーも苦しんだ腸捻転について調べました。

Sponsored Link

腸捻転の症状とは?

chonenten04

腸がねじれた状態にありますので、
食物が通過することができません。

通常は出るはずのおならや便を出すことができないために、
腸の中でガスがたまって腸は壊死します。

腸が壊死するとお腹に激しい痛みが生じ、
吐気や嘔吐の症状が出ます。

腹痛だけでなく背中の痛みを伴うことも多いです。

腸捻転が悪化すれば、
便のような匂いのするものを吐き、意識を失います。

腸の組織が壊死した結果、
場合によっては死亡することもあります。

腸捻転の原因とは?

chonenten02

腸捻転の原因の一つは生まれつきです。

もともと腸が固定されている位置が悪いと
腸捻転を起こしやすいです。

もうひとつ、加齢とともに腸がたるんで伸びてしまい、
癒着することも原因です。

ですから、腸捻転を起こす人は若い人よりも
30代から50代の人に多いです。

腸捻転は、一度腸の手術をしたことがある人は
なりやすいと言われていますから、
手術の経験がある方は、ご注意ください。

腸捻転の手術とは?

chonenten01

ポールマッカートニーも日本で緊急に
腸捻転の手術をしたといいます。

彼は体に負担が少ないという腹腔鏡下手術
受けてから帰国しました。

腸捻転の治療は、S状結腸の場合は内視鏡を
使って元の状態に戻すこともありますが、

またねじれる可能性も多いですし、
完全に治すには手術するしかありません。

ですから、結局は手術をして治すことが多いです。

腸捻転の手術では、ねじれた腸を元の状態に戻し、
場合によっては一部を切り取ることもあります。

chonenten03

入院期間は、状況によって異なりますが、
だいたいは1週間から2週間です。

お腹や背中に激しい痛みが生じるという腸捻転、
少し痛みがおさまったと放っておいても
痛みはまた繰り返します。

どんどん悪化する怖い病気ですから、
早く病院を受診してください。

また、腸捻転の予防として、腸が詰まることないように、
普段から便秘対策を続けることをおすすめします。

腸捻転についての他の記事は
=>腸捻転になったらどんな治療が必要?どんな予防ができる?

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索