2014年の十五夜はいつ?十五夜の意味とは?十五夜に食べるものは?

この記事は2分で読めます

旧暦の8月15日は、新暦で言えば1ヶ月ほど後の9月中旬です。

その日は秋の真ん中の季節にあたり満月が出ることから、
十五夜と呼ばれています。

十五夜は、またの名を中秋の名月といいます。

旧暦の8月15日で満月の日は、
十五夜と呼ばれ、月見団子を食べて祝います。

秋を感じさせる行事である十五夜について調べました。

Sponsored Link

2014年の十五夜はいつ?

jugoya01

十五夜と呼ばれる旧暦の8月15日は、新暦に直せば毎年、
日が変わります。

2014年の十五夜は9月8日となります。

十五夜の日はかならず満月に当たるわけではありません。

2013年は久しぶりに十五夜=満月になったわけですが、
2014年の十五夜は9月8日、満月になるのは
その一日先の9月9日です。

残念ですが、2021年まで待たなければいけません。

十五夜の意味とは?

jugoya03

十五夜は本来、満月を意味しますから、年に12回まわってきます。

しかし、中でも一番月が美しく見えるのは
旧暦8月15日だと言われています。

ですから、

旧暦8月15日=中秋(旧暦では7月から9月が秋)の名月=十五夜

と呼ばれます。

秋は収穫の季節ですが、この十五夜の時期は作物を収穫できたことを
祝う大事なものとされています。

満月は欠けているところがありませんから、
それが豊作の象徴とされたのです。

多くの人がお月見をして、満月の月を愛でます。

十五夜に食べるものは?

jugoya02

十五夜に食べるものと聞かれてまず思い浮かぶのは月見団子です。

団子の形を満月の形に見立てて供えられます。

月見団子の並べ方といえば山のかたちですよね。

月見団子の数(15、13、12、5)と並べ方はいろいろあります。

15個並べる場合、
四段重ねで、一番下が8個、2段目が4個、3段目が2個、
一番上の4段目が1個となっています。

ほかにも、9個、2段目が4個、3段目に2個という場合も。

団子以外に栗ご飯や豆類や芋類も供えられますが、
どれも秋に収穫するものばかり。

これからも豊作が続くことを祈ります。

その他、人と人との繋がり合いを求める意味を込め、
つるがあるぶどうも十五夜のお祝いとして食べる人が多いです。

十五夜を祝うようになった歴史は非常に古く、
平安時代から貴族等によって行われていました。

もともとは、古代中国から風習が伝わったそうです。

十五夜の時期は、暑さも少しづつ和らぎ、
夜になればだいぶ涼しさを感じ始めている時期にあたります。

夜風もだいぶ心地よくなっています。

秋の訪れを感じるためにも、平安時代の貴族も行っていた十五夜を
家族でお祝いしてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索