マダニの症状とは?マダニに刺されたら?駆除は?犬からも?

この記事は1分で読めます

家族で、または友達同士で森林浴に行く機会が多い方に、
注意していただきたいのがマダニです。

マダニは山や林の中に生息していますが、
人間や犬など哺乳類が近づくと飛びついて血を吸います。

いったん血を吸ったら1週間は離れないといいます。

場合によっては死に至ることもあるという
こわいマダニについて調べました。

Sponsored Link

マダニの症状とは?

madani01

マダニに刺された時は、
特に痛みや痒みを感じることはありません。

しかし、マダニは一週間吸い続けますから、
だんだんと大きくなってきて、
刺されていることに気づく程度です。

強い症状を引き起こすのは、
ウイルスを持ったマダニ刺された場合です。

SFTSウイルスを持っているマダニに刺されると、
38度以上の発熱や嘔吐、下痢などの症状が出て、
10%から30%ほどの高い致死率です。

マダニに刺されたらどうしたらいい?駆除は?

刺されたすぐは気づきませんが、
数日後、血を吸って大きくなったマダニを見て
初めて刺されたことに気づく人が多いです。

マダニが吸い付いていることに気づいたら、
ワセリンをお持ちの方はワセリンを塗って
マダニを窒息させてください。

ワセリンがない方はそのままで、
いずれにしてもすぐに皮膚科を受診しましょう。

くれぐれも、無理に引っ張ってマダニを
はがそうとしませんように。

マダニは犬からも?

madani03

犬と一緒にお散歩に行ったら、犬にくっついたマダニが
自分にうつってきて刺された、という人の話もよく聞きます。

草むらなどに行くときは、
長袖、長ズボンで肌を覆ってください。

また、犬を草むらになるべく入れないようにしましょう。

マダニがつくとわかりやすいですので
明るい色を服を着ることもお勧めです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索