ノロウイルスの潜伏期間は?症状は?感染予防は?対策は?

この記事は1分で読めます

冬になると流行する胃腸炎にノロウイルスがあります。

ノロウイルスは11月から3月頃に多いと言われています。

感染力が強いですので、抵抗力の弱い小さな子供、または高齢者
重症化することも多いと言われています。

また、幼稚園や保育園、高齢者の施設
集団発生することもよくあります。

冬になると猛威をふるうノロウイルスについて調べました。

Sponsored Link

ノロウイルスの潜伏期間は?症状は何日続く?

norovirus03

ノロウイルスに感染してから発症するまでは、
24時間から48時間と言われています。

発症すると2日から3日、嘔吐や下痢が続きます。

そのあと、症状は回復しますが、
そのあとは二次感染期間があります。

二次感染期間は、2週間から3週間あります。

看病していた子供の母親や他の家族にうつる可能性は高いので
特にお母さんは注意が必要です。

ノロウイルスの感染予防方法は?対策は?

norovirus01

ノロウイルスは感染力が強いウイルスです。

家族の誰かがかかったら、他の家族にうつらないように
気をつけなければいけません。

予防のためには、患者と同じタオル
使わないようにしましょう。

また、便や嘔吐物を処理するときはビニール手袋
使ってください。

食事の前、またはトイレの後は石鹸でしっかり手を
洗ってください。

norovirus02

ノロウイルスにかかると、下痢や嘔吐に苦しめられます。

ウイルス自体を退治する薬はありませんが、
勝手に症状を抑える薬を飲むことはせず
病院で診断を仰いでください。

勝手に下痢を抑える薬を飲んだりすると、
からだからウイルスが出ずにいつまでも身体の中に
残ってしまいます。

また、下痢や嘔吐は脱水症状を起こしやすいです。
こまめに水分を取ってゆっくり体を休ませてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索