デイケアとは?目的は?精神科?デイサービスとの違いは?

この記事は1分で読めます

高齢者の方、または身体に障害を持った方を対象に、
専門の職員が昼間だけ預かるサービスがデイケアです。

デイケアでは主に高齢者の方と精神科に通っている方を預かり、
在宅で暮らせるようにリハビリを行ったり、
社会復帰、社会参加ができるように促します。

日帰りの施設、デイケアについて調べました。

Sponsored Link

デイケアの目的は?

daycare01

高齢者の方を対象としたデイケアの目的は、
痴呆や寝たきりの予防です。

健康管理を自分で行えるようにしたり
必要なリハビリを行います。

そうすることで、高齢者の方々が、
家庭でも自立した生活を行えるように促しているのです。

精神科デイケアの目的は、
仲間と一緒に過ごすことで人付き合いに慣れること、
そして規則正しい生活を送ることです。

ミーティングやスポーツ、リクレーションなどを通して、
また働くことができるだけのな社会性と体力
つけることを身につけます。

どちらも、自立して家庭や社会で生活できることを
目的としています。

デイケアとデイサービスとの違いは?

daycare02

介護サービスとしてデイケアの他に
デイサービスがあります。

デイサービスも日帰りの施設ですから、
似たようなイメージがあります。

デイケアとデイサービスの違いは目的が違います。

デイケアはリハビリが中心となりますが、
デイサービスはリクレーションが中心です。

リハビリを求めている人はデイケア
他の方との交流を求めている方はデイサービス
利用することをおすすめします。

daycare03

高齢者の方や精神的に病んでいる方は
家に引きこもりがちです。

動かないでいると、身体もどんどん弱ってきます。

自立した生活をおくるためにも、
社会復帰して元の自分を取り戻すためにも、
デイケアはとても頼りになる存在です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索