ツワブキの育て方は?病気にかかりやすい?食べられる?

この記事は1分で読めます

東北地方の南部である福島県あたりから南に分布して、
毎年花を咲かせる植物にツワブキがあります。

ツワブキは日陰でもよく育つことから、
庭園の下草として、または庭の植物として
植えられていることが多いです。

tuwabuki02b

秋になると、ツワブキは黄色の菊のような花を咲かせます。
キク科の植物ですから花も菊と似ていて当然ですね。

日本で育てやすい植物と言われている、
ツワブキをご紹介します。

Sponsored Link

ツワブキの育て方は?

tuwabuki04

一日に何時間も日を当てる必要はありませんから、
それほど日当たりの良い所を選ばなくても大丈夫です。

しかし、西日が当たれば葉が焼けてしまいますから、
西日の当たらない場所に植えましょう。

庭に植えたならば、植えつけたすぐに水をやる必要はありますが、
よほど雨が降らない時以外は水やりは要りません。

鉢植えの場合は、土が乾いたら水やりをしてください。

肥料は特に必要ありませんが、
あげれば葉っぱが大きくなります。

植え替え時期は、春か秋をおすすめします。

ツワブキは病気にかかりやすい?

tuwabuki01

ツワブキは丈夫ですから、あまり病気にはかかりません。

しかし、葉の表面が白い粉をかけたようなカビがはえる
うどんこ病にかかることがあります。

うどんこ病は5月から8月に多いと言われています。

もし、うどんこ病になってしまったら、
発生した葉を取り除きましょう。

その他に、褐斑病や斑葉病になることもありますが、
いずれも発生した葉を取り除くだけで大丈夫です。

どの病気も重症化することはありません。

ツワブキは食べることもできる

tuwabuki03

育てやすいと言われているツワブキは
食べることもできるそうです。

茎の部分を使えばキャラブキも作れます。

花を楽しむこともを食べることもできるとは魅力的ですね。

観賞用にするのもいいですし、食用にするのもいいですから、
庭や鉢植えでツワブキを育ててはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索