深海の超巨大イカであるダイオウイカの大きさは?なぜいま水揚げされる?

この記事は1分で読めます

深い海の中で暮らす深海の超巨大イカである
世界最大のイカがダイオウイカです。

ika02

NHKスペシャルの放送、動画で一気に有名になりましたね。

世界各地で暮らすダイオウイカですが、
通常、海の奥深くの深海で暮らしています。

しかし、地球の温暖化が影響しているのか、
最近では日本近海のあちこちで発見されるようになりました。

富山湾で水揚げもされています。

巨大生物の一つであるダイオウイカのお話をします。

Sponsored Link

ダイオウイカの大きさは?

ika01

公式記録で残されている最大のダイオウイカの
大きさは全長16.8mです。

胴体の長さだけでも6.1m重さは1000kg以上となっています。

吸盤の大きさは直径10cmもあったそうです。

しかし、非公式なものでは20mを超える
大きさのものもあるそうですよ。

20mを超える大きさのダイオウイカと海で遭遇したら
どんな気持ちになるでしょうか。

あまりの大きさに圧倒されて、写真を撮ることも忘れそうです。

なぜ今多く水揚げされるの?

ika03

世界最大の無脊椎動物、ダイオウイカ。

深海で生息しているはずなのに日本海で見つかったことから、
地球温暖化が原因?大地震の前触れ?と騒がれています。

ただエサを追って移動していて
日本海に紛れ込んだだけかもしれません。

しかし、ダイオウイカは深海で暮らす生物です。

深海で何かを感じ取って上がってきたのかもしれません。

推測の域を出ませんが、地震の前触れでなければいいですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索