セレウス菌は土壌菌?症状は?食中毒?予防するには?

この記事は1分で読めます

土壌にある細菌の一つにセレウス菌があります。

セレウス菌は土壌だけでなく、
水やほこりなどにも広く存在します。

cereus05

食材に付着すると、その食材から食中毒を起こします。

セレウス菌は毒性感染力は非常に弱いです。

しかし加熱しても菌が死滅することがありませんから
注意が必要な菌です。

食中毒を引き起こすセレウス菌について調べたことをお話します。

Sponsored Link

セレウス菌の症状は?食中毒?

cereus02

セレウス菌の症状は嘔吐型下痢型の2種類に分かれます。

嘔吐型の症状があらわれるのは、食後30分から6時間の間です。

腹痛や下痢が一緒に現れる場合もあります。

症状はだいたい24時間ほどすれば落ち着きます。

下痢型の症状が現れるのは、食後6時間から15時間の間です。

腹痛とともに、水のような便が出ます。

吐気がある人もいますが、嘔吐には至りません。

24時間ほど下痢が続きます。

セレウス菌を予防するには?

cereus04

調理したものを長く置いておくと、
そこにセレウス菌が付着する可能性があります。

食材は新鮮なものを選び、なるべく保存せずに
すぐ食べるようにしてください。

また、セレウス菌がつきやすいものに
ご飯とスパゲッティーがあります。

ゆでたスパゲッティーやご飯を
長く置いておかないでください。

冷蔵庫に入れたとしても安心はできません。

余ったご飯は冷蔵庫に入れるよりも
冷凍保存してください。

食中毒は加熱処理すれば防げると思っている方は多いです。

しかし、セレウス菌は熱に強いので死滅しません。

感染力も小さいことから大流行することはありませんが、
体力が弱っている高齢者や小さいお子さんは感染して
発症しやすいです。

なるべく、ごはんやスパゲッティーは作り過ぎないようにして、
作ったらすぐに食べてしまいましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索