夏バテの症状は?原因は?期間は?予防は?

この記事は1分で読めます

夏になると、暑さに負けてなんとなく
身体がだるくなりますよね。

動くことが嫌になって、食欲も出ず、
何もしたくなくなることも。

それが夏バテの症状です。

暑さに負けてバテる人が多い
夏バテの症状について調べました。

Sponsored Link

夏バテの症状は?

natubate01

自分に夏バテの症状が出ているか判断するチェック方法は?

・食欲がなくなって食事を抜くことがある

・あっさりしたそうめんなどで食事を済ませたり、
 ジュースやアイスクリームばかりよく食べる

・体がだるくてやる気がでない

・冷房の効いた部屋に長時間いる

・運動不足が続いている

以上の項目が当てはまる人は夏バテの可能性が高いです。

暑いからといって、外にも出ずに毎日冷房の効いた部屋
ゴロゴロしていると、
夏バテになりやすいと言われています。

暑くてなかなか眠れなかったとしても、
寝不足が続けばそれも夏バテにかかりやすくなります。

夏バテの原因は?どのぐらいの期間続く?

natubate02

最近は温暖化の影響で暑い日が長く続きます。

夏バテの症状は長い人ですと、6月の梅雨の時期に始まり、
まだまだ暑い9月いっぱいまで続くと言われています。

夏休みの間だけというわけではないようですね。

夏バテは自律神経が乱れたことが原因と言われています。

夏バテの症状を起こさないために、
自分ができる予防をしましょう。

夏バテの予防は?

natubate03

まずはなるべく規則正しい生活を送ること、
睡眠や休養をじゅうぶんにとりましょう。

いくら暑いからといって、
運動不足は夏バテしやすい体を作ります。

暑い時間を避けて、朝涼しいうちにウォーキングしたり、
家でできるストレッチなどを続けましょう。

適度な汗をかけば、体温調節が働いて
夏バテしにくい元気な体になりますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索