GDPとは?名目GDP?実質GDP?日本は?

この記事は2分で読めます

GDPは、ニュースでは聞きなれた言葉ではありますが、
実際はよくわからないと思い、調べてみることにしました。

Sponsored Link

GDPとは?

G-1

GDP(Gross Domestic Products)とは、
国内総生産のことです。

一定期間内に国内で新しく生産された商品やサービスの
付加価値の統計です。

GDPは国の経済力の目安に用いられ、GDPが
どれくらい伸びたかで経済成長率が現されます。

国内に居住している人の生産量だけの統計です。

国外で生産されたものは、日本企業の支社が生産したものでも
統計には入れないということです。

名目GDPと実質GDPの違いは?

G-2

名目GDPとは、一定期間内に生産された財の数量
市場価格をかけて、生産されたものの価値を算出し、
全てを統計したもので導き出します。

実質GDPとは、価格変動の影響を取り除き、
一定期間内に生産された財の価値を算出したものです。

簡単に言うと、名目GDPが単純に市場価格(取引されている価格)
で評価したGDPに対し、
実質GDPは物価の上下を取り除いたものです。

よって、財の値段が上がれば、名目GDPは単純に上がりますが、
実質GDPが増えなければ、経済が良くなったとは言えません。

実質GDP=名目GDP÷物価指数

という関係が成り立っているのです。

一般的に経済成長を見る時には、
実質GDPを用いられることが多いです。

日本のGDP

G-3

日本GDPは、3年連続で高い数値を更新していて、
2012年の1人当たり名目GDPが前年よりも0.6%増え
4万6537ドル(約480万円)と2013年12月に発表されています。

この数値は、
経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国中、10位です。

GDPを増やすには?

G-4

GDPは世界でも、その国の豊かさを現す指標とも言われています。

であるならば、増えれば庶民の生活は豊かになりますよね。

GDPが、その国で生産された商品やサービスの金額の合計ならば、
日本全体(政府・企業をはじめ、国民ひとりひとりまで)
お金を使えば、GDPは必然的に増えます。

とは言っても、そんな水のようにお金を使う余裕はないというのが、
庶民の現状なのだと思います。

経済って、難しいですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索