夏型過敏性肺炎の原因は?エアコン?症状は?治療は?

この記事は1分で読めます

夏がくるとエアコンなどで暑さをしのぎますが、
咳が出てなかなか止まらなくなることがあります。

夏風邪かと思っていたら、咳が全然止まらない、
そんなときは、もしかしたら夏型過敏性肺炎かもしれません。

夏型過敏性肺炎は、カビが原因だと言われています。

夏風邪と思っていたら、ぜんぜん違う病気、
夏型過敏性肺炎について調べました。

Sponsored Link

夏型過敏性肺炎の原因は?エアコン?

kakansei03

部屋の中にあるカビを吸い込むことによって起こる
夏型過敏性肺炎ですが、
エアコンも一つの原因だといいます。

エアコンは使っていると中にカビが生えます。

カビ菌であるトリコスポロンは、
夏型過敏性肺炎の原因になるといいます。

エアコンの風は、人に直接当たりますよね。

ですから、エアコンから出てくるカビ菌を
吸い込んでしまうのです。

エアコンをつけてすぐは、カビが一番出てきますから、
窓を開けて10分ぐらい
換気することをおすすめします。

夏型過敏性肺炎の治療とは?

kakansei02

日常生活に問題がない程度ならば、
特別な治療は必要ありません。

しかし、発熱呼吸困難を伴うようでしたら、
ステロイド薬の点滴酸素吸入
必要となります。

過敏性肺炎かも?と思ったら、内科を受診してください。

内科の中でも呼吸器に詳しいところ
選ぶことをおすすめします。

エアコンの風に含まれたカビ菌から引き起こされる
ことも多い夏型過敏性肺炎ですが、

カーペットなどにも、原因となるカビ菌、
トリコスポロンは存在します。

kakansei01

家族が夏型過敏性肺炎になったら、
家の中を掃除し風通しを良くしてカビ菌を退治しましょう。

自分はまだ発症していなかったとしても、
きちんと対処しないとみんなが苦しむことになりますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索