心筋梗塞の前兆は?治療は?予防するには?

この記事は1分で読めます

高齢化が進んでいる日本人の死因に増えているのが
心筋梗塞です。

現在、心筋梗塞日本人の3大死因の一つになっています。

sinkin04

年間で15万人が発症し、
その中で30%死に至っているといいます。

人間が生きるために一番大切な臓器である心臓の疾患である、
心筋梗塞について考えました。

Sponsored Link

心筋梗塞の前兆は?

sinkin01

心筋梗塞に前兆がない人もいますが、
3分の2位上の人に前兆があると言われています。

・呼吸困難や息切れがある
・最近、胸が痛くなったり胸に圧迫感を感じる
・肩や背中が痛い
・食欲が無かったり吐き気がする
・不整脈がある

このような症状がある方は心筋梗塞の前兆かもしれません。

まだ大丈夫と思わず、早いうちに医療機関を
受診して精密検査をしてもらってください。

心筋梗塞の治療とは?

sinkin03

心筋梗塞の治療で行われる治療は、再灌流療法です。

血栓を溶かす薬物を注射する方法、
またはカテーテル検査をしてからバルーンで
血管を拡張する方法があります。

発症して6時間以内であれば、
再灌流療法は非常に効果的です。

それ以外に一般的な治療として、
安静や絶食、鎮痛剤や安定薬、
酸素吸入が行われます。

入院して治療することになりますが、
退院後は生活習慣を規則正しくすることはもちろん、
コレステロール低下剤などを飲んで、
長期的に予防に努めることが必要となります。

心筋梗塞は、死亡率も高く非常に危険な病気です。

早めな治療が必要となりますので、
もし胸に激痛を感じたら、
すぐに医療機関を受診してください。

心筋梗塞を予防するには?

sinkin02

心筋梗塞を予防するためには、
健康的な生活をすることも必要です。

適度な運動にバランスのとれた食事
そしてくれぐれも飲み過ぎないように。

また、ストレスも溜めないように趣味などで
気分転換を図るようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索